Waters of Life

Biblical Studies in Multiple Languages

Search in "Japanese":
Home -- Japanese -- Tracts -- Tract 01 (Do You Know Jesus?)
This page in: -- Armenian -- Burmese -- Chinese -- Dagbani -- English -- German? -- Hausa -- Hebrew -- Hindi -- Igbo -- Indonesian -- JAPANESE -- Korean -- Nepali -- Peul -- Somali -- Telugu -- Thai -- Turkish -- Twi -- Uzbek -- Yoruba

Next Tract

トラクト - 配布ための短い聖書のメッセージ

トラクト 01 -- あなたはイエスを知っていますか?


誰でも、文明や国家の形成に影響を与えた、時代における際立った指導者達に気付く事ができます。そのような一人が、マリヤの子であるイエスです。全世界の人口の3分の1以上の人達が、彼の教えに従っています。イエスの名前は新約聖書において最も重要な単語であり、新約聖書の27の書において975回出てきます。

御使いガブリエルは、処女であるマリヤの所へ神から送られました。そして主の御使いは、マリヤの夫であるヨセフの夢の中にも現れました。彼らは、マリヤがみごもったその子は聖霊によるのであって、そしてその子を“イエス”と名付けるように、と言われました。“その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。”(マタイの福音書 1:20-23; ルカの福音書 1:31)

この名前は人によるものではなく、神の御意思により決定されていたものでした。 “イエス”という名前には、世界が創造される前から予め定められた計画、即ち、人類の罪の贖いという神の計画が込められています。イエスという名前は、“主の契約により助けられ救われる”という事を、文字通り意味します。

神は世界の流れをナザレのイエスを通して変えられました。マリヤの子は、虚しい人間による教えを説きませんでしたし、または、物質的な奇跡を演じたのでもありませんでした。そうではなくて、ご自身を通して、神が語られ働かれたのでした(ヨハネの福音書 5:19-21; 14:10-24)。彼が来た目的は何だったのでしょう?そして、彼の偉大なる力の秘密は何なのでしょう?


イエスは私達を高ぶりから解き放ってくれます

イエスは次のように言いました。“すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。”(マタイの福音書 11:28-29) 人生が思うようにいかず苦しんでいる全ての人達は、イエスの元へ来るように促されています。自分の元へ来る誰に対しても、イエスは、高ぶりから来る苦しみからの解放を与え、安らぎを与えてくれるでしょう。

イエスは次のように言いました。“人の子が来たのが、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためであるのと同じです。”(マタイの福音書 20:28)イエスに従う者は自己中心性が治され、そしてイエスの力の内にあって、喜んで他者に仕えるのです。


イエスは神の御怒りから解放してくれます

神の御怒りは罪を犯した全ての者達に留まります。しかし、イエスは復活の日に、イエスを信じる者達をいかなる裁きからも解放します(ヨハネの福音書 3:18; 5:24)。 主はこの真実を預言者イザヤに、次のように明らかにしました。“まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。だが、私たちは思った。彼は罰せられ、神に打たれ、苦しめられたのだと。しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。私たちはみな、羊のようにさまよい、おのおの、自分かってな道に向かって行った。しかし、主は、私たちのすべての咎を彼に負わせた。”(イザヤ書 53:4-6)

イエスは死ぬ前に、彼の敵の為に神に祈りました。“父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。”(ルカの福音書 23:24)神はイエスの慈愛に満ちた祈りに答えて下さった事を私達は確かに知っています。


イエスは私達を罪から解放します

イエスは次のように言いました。“罪を行なっている者はみな、罪の奴隷です…ですから、もし子があなたがたを自由にするなら、あなたがたはほんとうに自由なのです。”(ヨハネの福音書 8:34, 36) イエスはご自身を信じる者を罪の牢獄から解放しました。彼は世の罪を引き受け、そして私達の為に贖いました。彼の贖いは私達の全ての不道徳な行いを取り消し、そして聖霊が私達の内に入り、罪を乗り越える上で、私達に力を与えてくれます(ローマ人への手紙 8:9-11)。そこで、イエスとその贖いを信じる者は、完全に赦されるのです。


イエスは悪の勢力に対する勝利者です

イエスはサタンに勝利しました。一歩も譲らず、その誘惑に屈しませんでした(マタイの福音書 4:1-11; ルカの福音書 4:1-13)。逆境と苦痛を通じて、イエスは神に依り頼み、そして罪のないままでいました。悪の勢力は、彼に対してその力を及ぼす事ができませんでした。イエスは悪魔や悪霊を、それらに憑りつかれた人達から追い出しました。彼はその権威を弟子達に与えました(ルカの福音書 9:1)。彼の贖いを受け入れる者は誰でも、サタンの力から完全に自由になるでしょう。


イエスは死に対する勝利者です

イエスは次のように言いました。“わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。このことを信じますか。”(ヨハネの福音書 11:25-26)

イエスは死から勝利して起き上り、肉体の姿で現れ、そして弟子達に話しかけました。そして彼らはイエスを触りました。同じように、イエスは彼に従う者達を死から解放し、永遠のいのちを与える事ができるのです。


イエスは憎しみや復讐心からの癒し主です

イエスは彼のことばを聞く者達に次のように命令しました。“自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。それでこそ、天におられるあなたがたの父の子どもになれるのです。”(マタイの福音書 5:44-45; ルカの福音書 6:27-28)

神の御霊から生まれた唯一の御子は、彼に従う者達の全ての罪を赦しました。そして、彼らに罪を犯した者達全てを赦すようにも命令しました。イエスの赦しの動機は、彼の偉大な愛にあります。イエスは、彼に従う全ての者達を憎しみや復讐心から解放するのです。

マリヤの子は彼自身の民から、拒絶され、あしらわれ、そして憎まれました。しかし彼らの拒絶にも関わらず、イエスは彼らに愛、和解、贖い、そして力を与えました。罪から離れ、そしてイエスに依り頼む者全ては、赦されて永遠のいのちを受ける事でしょう。

親愛なる皆様
生きておられるイエスは、彼を信頼し彼のみことばを受け入れるよう、あなたを招いておられます。彼はあなたに聖霊の御力を与え、あなたの魂と肉体を清める事ができます。あなたの心を頑なにせずに、彼の赦しと力を受け取り、来たる御怒りから逃れて下さい。イエスは、神の御前において、あなたの贖い主、救い主、とりなし手そして仲裁人です。彼はあなたの命であり、そしてあなたの安全を保証します。一歩前へ出て、あなたの手を、彼が広げた御手に置いて下さい。そしてあなたが、彼の完全なる恵みの上に更に恵みを受けますように(ヨハネの福音書 1:16)。

感謝の祈り
私達と一緒に祈りましょう: “主イエス様、あなたはこの世の救い主であり私の救い主でもあります。あなたが神の御怒りと裁きから私を解放して下さいました。あなたが私の高ぶりと自己中心性から助けて下さいました。私を罪から清め、そして私に純粋な命と天なる義を与えて下さい。だからこそ悪の勢力が私に力を及ぼす事ができませんように。あなたに従う者の一人として私を受け入れて下さい。そしてあなたの教えや命令を理解できるように私を教え導いて下さい。私の弱さの中にあなたの御力を宿らせて下さり、私が人生において聖なる神様の栄光をたたえる事ができますように。アーメン”


マリヤの子、イエスについてもっと知りたいですか?

私達は、キリストの福音を黙想の為の解説付きで、ご要望に応じて無料であなたにお送りする用意ができています


隣人にイエスの福音を伝える事について

もしあなたがこの小冊子に感銘を受けて力と癒しを見出したら、是非友人達や隣人の方達に分かち合って下さい。私達は喜んで、あなたに必要なコピーをお送りします。あなたに不都合が生じない範囲で配布ができる部数を教えて下さい。

あなたのお便りをお待ちしております。生きておられる主があなたを祝福される事を私達は祈っております。あなたのご住所をはっきりとお書きになる事をお忘れなきよう宜しくお願い申し上げます。

WATERS OF LIFE
P.O. BOX 60 05 13
70305 STUTTGART
GERMANY

Internet: www.waters-of-life.net
Internet: www.waters-of-life.org
e-mail: info@waters-of-life.net

www.Waters-of-Life.net

Page last modified on August 11, 2015, at 07:16 AM | powered by PmWiki (pmwiki-2.2.109)