Waters of Life

Biblical Studies in Multiple Languages

Search in "Japanese":
Home -- Japanese -- Tracts -- Tract 06 (Rejoice in the LORD Always!)
This page in: -- Armenian -- Burmese -- Chinese -- Dagbani? -- English -- German? -- Hausa -- Hebrew -- Hindi -- Igbo -- Indonesian -- JAPANESE -- Korean? -- Nepali? -- Peul? -- Somali -- Telugu -- Thai -- Turkish? -- Twi -- Uzbek -- Yoruba

Previous Tract -- Next Tract

トラクト - 配布ための短い聖書のメッセージ

トラクト 06 -- いつも主にあって喜びなさい! (ピリピ人への手紙 4:4)


テレビを見る者は誰でも、若者達が、ディスコで熱心にダンスをしたり、危険を顧みず登山をしたり、そして巨大な気球に乗って世界中を旅したりする姿を、見る事ができます。彼らは、活動や個人的な努力を通して、彼らの魂の中の虚しさを満たそうとしています。

もう一つのグループは、快適さを楽しみ、彼らの問題を忘れ、そして罪を犯し遊興に耽るライフスタイルに生きる為に、お金を儲けます。私達は他の人達が呻くのを見ます。なぜならば、不正が彼らの上に降りかかるからです。彼らは、国の為に贖い主として自爆をする事によって復讐をすると誓います。

少数の人達だけが神に立ち返り、次のように尋ねます。“私達が救われる為には何をしなければならないでしょうか?”“あなたは私達に何をして欲しいのでしょうか、そして私達は何をすべきではないのでしょうか?”神の慈愛は、打ちひしがれた人達が天国を見上げて、聖なる創造主から本当の慰めを受け取る為に励まします。

絶望に沈んでいる人々の数は増えています。彼らにはこの人生にもはや目的も希望もありません。これらの悲惨な人々は、その悲惨さの中で希望を見つける事ができますか?私達全ては、世界の3分の1の人口を殺戮する事ができる核戦争へと急いでいるのでしょうか?


慰めの啓示

不安と戦いの真っ只中で、預言者ネヘミヤは彼の祈りへの答えとして神の啓示を、次のように聞きました。悲しんではならない。あなたがたの力を主が喜ばれるからだ。”(ネヘミヤ記 8:10)

私達の心を生ける主へと高めましょう。なぜならば、主だけが私達に休息、希望そして平安を与えられるからです。

その預言者が、この啓示の中で受け取った特別な慰めは、何だったのでしょうか?主は彼に、主ご自身が喜びと嬉しさに満ちていると言いました。主は、仏陀のように、笑って、そして思いやりなく人々の悲惨さを払いのけて座ってはいません。私達の神は積極的な喜びと救いの歓喜で満ちています。神は全人類の為に、罪の贖いの計画を作り出しました。神は、良い事をする者は一人もいないから、全ての人は堕落しており、そして、誰も自らを改めたりその心の空虚感を平安と喜びで満たす事ができない、という事を知っています。主は、罪人を新しくし、彼らの存在に意味と希望を与える事を、切望しています。神の聖なる喜びは、あなたの力である事を忘れないで下さい。神に悔い改める者は、神から、力、慰め、そして勇気を受け取ります。主だけが、安心をもたらします。そして主の霊的な御国はすぐそこにあります。


贖い主の出生

羊の群れを見守っていた羊飼いの前に、主の御使いが主の輝かしい栄光の中に現れた時に、夜が突然、ベツレヘムの丘に渡って明るくなりました。天の光が彼らの周りを光らせた時、彼らは地面へひれ伏し恐れました。彼らは、裁きの日が予告もなく来たと考えました。彼らは非常に恐れました。なぜならば、彼らの目前に、彼らの昔の罪が起き上り現れたからです。彼らは裁きから逃れたかったのですができませんでした。なぜならば、主の栄光が彼らを突き通したからです。

彼らに現れた御使いは、彼らを叱りもせず恐れさせもしませんでした。そうではなくて、次のように励ましました。 “恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。”(ルカの福音書 2:8-11)

この偉大な登場と共に、主の御使いは新しい時代、即ち喜びと恵みの時代を明らかにしました。神の贖いの計画が真実だと判明したのです。御使いは全ての人達が集まるように、そして神から流れ出る喜びと平安の流れを受け取るように招きました。主は、その恵みを敬虔で公正な人だけに開放する事はしませんでした。悪人や堕落した人にも開放しました。御使いは最初に、学者や賢人を招く事をせず、文盲で無知な人達を招きました。それは、主の知識により彼らを啓蒙する為でした。この比類のない特権は、男性に対してだけではなく女性にも子供にも、そして疲れた者や病人にも与えられました。主の喜びは、彼ら全てにもたらされました。なぜ、主の御使いは全ての人達に喜ぶように命令したのでしょうか?なぜならば、贖い主が生まれ、その慈愛溢れる御働きが始まったからです。

最も残念な事に、神の民の大多数は平和の君を拒絶しました。彼らは、その考えを変えようとはしませんでした。彼らの目的は、権力、お金、そして良い暮らしでした。彼らは、その敵に勝ち、その勝利ある体制を守る為に、致命的な武器を使いたがりました。


キリストの偉大なる申し出

代わりにキリストは、神に立ち返り、悔い改め、そして惨めな者達を集めました。彼は、彼の所に来た病人達を治し、彼らの全ての罪を赦し、憑りつかれた者達から悪霊を追い出し、嵐を静め、お腹を空かせた聴衆を満足させ、彼らに次のように確かにしました。 “わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、わたしの喜びがあなたがたのうちにあり、あなたがたの喜びが満たされるためです。” (ヨハネの福音書 15:11; 16:24)

キリストは、彼自身の喜びが彼の愛する者達に完全に宿るように宣言しつつ、彼のとりなしの祈りの中で、この神聖なる秘密を確かにしました。(ヨハネの福音書 17:13)

マリヤの子は、彼の愛を、彼に従う者達だけに与えたのではなく、彼の反対者や敵対者にも与えました。彼は、彼らの罪を取り去り、そして彼らの不公正を贖いました。その贖いによって、キリストは全ての者達を聖いお方と和解させました。だから、キリストは、恵みによって彼の赦しを受け入れた者達の罪を赦し、彼らの内に永遠の希望を確立する権威を持っています。

蘇ったマリヤの子が勝利の内に神の元へ昇天した時、彼は全ての人達に聖霊を注ぎました(使徒の働き 2:16-21)。罪を悔い改め信仰によりキリストと結びつく者は誰でも、愛、喜び、平安、寛容、そして自制の御霊を受け取る事でしょう。(ガラテヤ人への手紙 5:22-23)リバイバルは、神の御霊による聖徒達の再生を通して、聖徒達の生命の中で始まります。嘆き悲しむ者は慰められ、絶望する者は希望を得て、悪い者は正しい者となり、そして死に向かって歩く者は永遠のいのちの力の中で生きるのです。キリストが私達を神と和解させた時から、彼の癒しと清めのある恵みは、豊富に、そして穏やかに人類にやってきました。

彼の霊的な経験から、使徒パウロは次のように書きました。いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。”(ピリピ人への手紙 4:4)

彼の愛に着目し、みことばを読み、そしてそれらを内に蓄える全ての人に、神の喜びは留まります。キリストは彼に従う者達を、次のように励まし確かにしました。ただあなたがたの名が天に書きしるされていることを喜びなさい。”(ルカの福音書 10:20)

親愛なる読者の皆様、
あなたは孤独で、道に迷い、見捨てられた状態で生きていますか?もしくは、あなたは生けるキリストに留まっていますか?マリヤの子に依り頼む者は、彼の力と喜びの中にあります。あなた自身をキリストにささげて下さい。そうすれば、誘惑と迫害のあるこの無神論の世界の渦中において、永遠の喜びがあなたの心に宿るでしょう。

あなたは主の喜びの内に地歩を固めていますか?私達は、キリストの福音を黙想の教材と一緒にあなたにお送りする準備ができています。それによって、あなたは神の回復の泉を見つける事ができます。毎日聖書を読み祈って下さい。そうすれば、主はその義の道にあなたを導いて下さるでしょう。
主の喜びをあなたの友人達と分かち合って下さい。もし、あなたがこの小冊子を気に入り、そして絶望している人や人生の道に迷っている人にあげたいと願うなら、私達はあなたがお配りする為のコピーを喜んでお送りします。この小冊子を受け入れた人の為に祈って下さい。

私達はあなたからのお便りをお待ちしております。あなたのご住所をお書き忘れなきよう宜しくお願いします。私達は、主の喜びがあなたを満たすよう祈っています。

WATERS OF LIFE
P.O. BOX 60 05 13
70305 STUTTGART
GERMANY

Internet: www.waters-of-life.net
Internet: www.waters-of-life.org
e-mail: info@waters-of-life.net

www.Waters-of-Life.net

Page last modified on August 11, 2015, at 07:29 AM | powered by PmWiki (pmwiki-2.2.109)